本業はエキノドルス。いつの間にか葉っぱが大増殖。。。kn対策は飽きたので修了!
by kpaopao3724
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
エキノドルス
アグラオネマ
ホマロメナ
kn便の溶け
AZ便
Ag/ "マルチカラー"Rao
Ag/D.F.Sマルチカラー白玉
Ag/tricolor NIRVASH
Ag/"KAWAII"
Ag/pictum クシャトリヤ
Ag/"silkyシリーズ"d
APT"Padang Campur"b
TB便
Ag/"モザイク"CW1302
Ag/"Padang"AW1302
Agcf pictum "Padang"
LA便
Ag/Argentum"鏡花水月"
Ag/Argentum“Grando"
Ag/Argentum“Stiria+1
Ag/p.t."Silver Line"
雑学
イベント
Ag/Argentum“しるばーらいん”
以前の記事
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
最新の記事
趣味家のぼやき
at 2016-02-06 00:33
根腐れさせちゃったときのリカ..
at 2015-10-06 12:17
Z便
at 2015-09-27 13:29
ひさびさのEchino導入
at 2015-06-24 19:47
アグラオネマの「作」上げ
at 2015-06-06 13:05
Kn便の養生方法
at 2015-05-21 18:34
Aglaonema Pict..
at 2015-04-07 16:07
Aglaonema Pict..
at 2015-04-04 16:39
今年もお世話になりました。
at 2014-12-31 23:29
最近のkn便~(´-ω-`)
at 2014-12-01 08:47
お気に入りブログ
Rough Style
LIFE+aq→
A.P.A
aquarium GREEN
Enjoy!AquaLife
aqu@raceae
loose aqua
AC外伝
風草魚(ゼファー・雑草・...
道楽
お気に入りのリンク等々
最新のコメント
>大吉さん ご覧いただ..
by kpaopao3724 at 23:41
>横山さん ありがとう..
by kpaopao3724 at 23:32
こんばんは☆ その..
by 大吉 at 01:23
>さっぷさん お疲れ様..
by kpaopao3724 at 12:42
先日のBOではお世話にな..
by さっぷ at 18:08
>ろくろーさん ありが..
by kpaopao3724 at 19:21
待ってました! やはり..
by ろくろー at 18:59
>きっちぇ。さん コメ..
by kpaopao3724 at 19:06
初コメ失礼します… ..
by きっちぇ。 at 18:52
>えはさん こめんとあ..
by kpaopao3724 at 12:49
記事ランキング
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(35)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
人気ジャンル
外部リンク
ファン
ブログジャンル
自然・生物
花・ガーデニング
画像一覧

<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

植物のバリア機能

ずいぶんと放置してしまいましたm(__)m

まずはkn5月便の経過なんぞを、、、
文字通り煮たり焼いたりと様々な実験かましてやりました(笑

で最初から茎の上部に溶けが入っていた小株はロストとなりましたが、残りは細切れになりつつ用土とミズゴケ共に新芽を出しています。
ぶったぎった根っこも生きてるんで結果としては上々でしょう。

次回は試したいことがあるので、10株ほど予約を入れています。
良い株が入ってくると良いんですがどうでしょうね?

で対策についてですが、
トロケは煮ると良いって情報がありますが、これはある程度の効果が期待できます。
ある企業さんの分析によれば、50℃のぬるま湯に20分くらい浸しておけば菌糸と游走子は死滅温度に達するようです。
しかし、悪さしてるのは卵菌類と考えていまして、根っこに作られた卵胞子は死滅しません。
実際にやってみると茎は生き残りますがほとんどの葉っぱが落ちますので、茎だけ茹でるのがいいかも、、、
その後、しっかりトロケを起こします(笑


さて、今日の本題ですが、
以前の積み残し、植物のバリア機能についての雑学なんぞを、、、
植物には動物のように複雑な免疫機構はありませんが、病原菌の侵入から身を守るバリア的な機能を持っています。

単純なものでは、
○細菌の付着防ぐ
・ワックス層の発達
・水を弾くビロード葉
○植物体に含まれる抗菌物質
・カテキン、タンニン、ポリフェノール
・細胞が傷付けられると遊離する青酸配糖体(青梅なんか)

ちょっと複雑なのだと
○感染細胞の自殺
・細菌の侵入で感染細胞が原形質流動を止め細菌が成長できないようにする
・抗菌物質や蛋白質の生産
・細胞壁の硬化

単純な方は植物によって異なるバリアを組み合わせて全ての細菌類に効果を示しますが、複雑な方は細菌によって植物の出方が変わります。
親和性って呼ばれるんですが、ある種類には感染し、別な種類には感染できないってことです。
植物側から言うと抵抗性って言います。

ある細菌が非親和性の関係にある植物に侵入しようとすると複雑な方であげた免疫機構のスイッチが入って阻止され、植物は病気にならずに済みます。
しかし、親和性の関係にある植物では、細菌の侵入に気付かず病気になってしまいます。

植物は生き残りをかけて様々な防御機能を、細菌側は植物に気付かれずに侵入す方法を、互いに進化の中で発達させて来たようです。

以前説明した3要素のバランスが崩れ、これらのバリア機能を突破した細菌が植物を感染させることができるので、簡単には植物が絶滅することはないのです。


ではアグラオネマはどうなのか?
トロケの菌に親和性があり、さらに採取・洗浄の傷があり、輸入というストレス状態で、容易に感染が拡がりやすい状態にあるんだと思います。

トロケの原因は様々な要因が重なっていますが、先日、タイルートで入手した株のトロケを経験し、最も重要なのは採取後のケアと移送にあると考えてはじめています。

確たる証拠はありませんが、
kn便は傷ついた大量の株を冷やすことなく輸送して、ムレ(細菌の大増殖)を起こしているのではないでしょうか?
実際、農産物も重ねて放置すれば腐敗発酵で熱を持ち葉っぱは黄色く変色してしまいます。

試しに、数株ずつ小分けに梱包し、保冷剤をたっぷり入れて運んでもらえると良い結果がでるかもしれません。
[PR]
by kpaopao3724 | 2014-07-21 22:30 | 雑学