本業はエキノドルス。いつの間にか葉っぱが大増殖。。。kn対策は飽きたので修了!
by kpaopao3724
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
エキノドルス
アグラオネマ
ホマロメナ
kn便の溶け
AZ便
Ag/ "マルチカラー"Rao
Ag/D.F.Sマルチカラー白玉
Ag/tricolor NIRVASH
Ag/"KAWAII"
Ag/pictum クシャトリヤ
Ag/"silkyシリーズ"d
APT"Padang Campur"b
TB便
Ag/"モザイク"CW1302
Ag/"Padang"AW1302
Agcf pictum "Padang"
LA便
Ag/Argentum"鏡花水月"
Ag/Argentum“Grando"
Ag/Argentum“Stiria+1
Ag/p.t."Silver Line"
雑学
イベント
Ag/Argentum“しるばーらいん”
以前の記事
2016年 02月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
最新の記事
趣味家のぼやき
at 2016-02-06 00:33
根腐れさせちゃったときのリカ..
at 2015-10-06 12:17
Z便
at 2015-09-27 13:29
ひさびさのEchino導入
at 2015-06-24 19:47
アグラオネマの「作」上げ
at 2015-06-06 13:05
Kn便の養生方法
at 2015-05-21 18:34
Aglaonema Pict..
at 2015-04-07 16:07
Aglaonema Pict..
at 2015-04-04 16:39
今年もお世話になりました。
at 2014-12-31 23:29
最近のkn便~(´-ω-`)
at 2014-12-01 08:47
フォロー中のブログ
Rough Style
LIFE+aq→
A.P.A
aquarium GREEN
Enjoy!AquaLife
aqu@raceae
loose aqua
AC外伝
風草魚(ゼファー・雑草・...
道楽
お気に入りのリンク等々
最新のコメント
>大吉さん ご覧いただ..
by kpaopao3724 at 23:41
>横山さん ありがとう..
by kpaopao3724 at 23:32
こんばんは☆ その..
by 大吉 at 01:23
>さっぷさん お疲れ様..
by kpaopao3724 at 12:42
先日のBOではお世話にな..
by さっぷ at 18:08
>ろくろーさん ありが..
by kpaopao3724 at 19:21
待ってました! やはり..
by ろくろー at 18:59
>きっちぇ。さん コメ..
by kpaopao3724 at 19:06
初コメ失礼します… ..
by きっちぇ。 at 18:52
>えはさん こめんとあ..
by kpaopao3724 at 12:49
記事ランキング
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
(35)
(9)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
外部リンク
ファン
ブログジャンル
自然・生物
花・ガーデニング
画像一覧

タグ:kn便 ( 9 ) タグの人気記事

Kn便の養生方法

いろんな方々取り組まれ、成功されておりますので改めて書くほどでもないのです養生方法のおさらいを、、、

○原因
原因は移送時の蒸れによるもので、腐敗菌等の悪玉菌が増殖して株を溶かします。
原因となっているのはピシウム菌等の糸状菌で、軟腐病症状を示す場合は合併症として感染している可能性が高いです。
これは何処の便でも有り得ることで移送時に如何に冷やすかが大事になります。
この辺りはだいぶ気を使って持ち込んでくださるようになってきていますが、溶けるときは溶けますので何の準備もせず安易にチャレンジするのは無謀です。

○消毒
アクアと違い園芸をやる以上病害虫対策はフツーにやんなくちゃいけません。
主に使うのは病気対策の殺菌剤と害虫対策の殺虫剤で、園芸・家庭菜園用に少量に小分けしたものがホムセンで売られています。

○kn株の消毒
kn便のあぐらは蒸れ株の状態で入ってきますので有効性を確認している有機塩素系殺菌剤のダコニール、オーソサイドで消毒します。
各店舗で消毒してくれるようになったことは大きな進歩です。
なお、消毒薬はそれぞれ効果が異なり副作用もあります。
規定回数は守って使用して欲しいです。

○株のセレクト
溶けていない株を選んでください。
特に頂芽の溶けた株は棒を覚悟してください。
茎の途中が溶けた株もやめたほうがいいです。

○養生前のトリミング
流水で良く洗浄して、溶けた葉っぱと根っこは全てカットします。
芋が溶けかけていたらなら迷わず切りましょう。
切り口は様々処理方法がございますのでお好みでやっちゃってください。

○再消毒
濃い目の消毒薬で殺菌、軽く乾かし発根促進剤をかまします。
粉末状にした殺菌剤と発根促進剤を切り口に塗り込むのも有りのようです。

○植え込みと管理
鹿沼土、ボラ土、赤玉等、何でもいいので有機質を含まない用土単用で植え付け毎日欠かさず水をぶっかけてください。
ぶっかけるってのは鉢底から水が流れ出るくらいの状態で水通しすることで、糸状菌の密度を下げることが目的です。
あとは週一で消毒薬をたっぷりかましてください。
上手くすれば溶けずに根っこが出てきます。

○御注意
カット株は乾燥に弱いですから、湿度と発根に必要な20~25℃の土中温度、直射日光を防ぐ等の対策は必要ですので工夫してください。

★御注意
あくまでもひとつの方法ですから、うまくいかないからって苦情なんか言わないでくださいね。
試行錯誤するのも楽しみですから頑張ってください。
周りに上手くいってる方がいたら、そういった方から情報を得てください。



[PR]
by kpaopao3724 | 2015-05-21 18:34 | kn便の溶け

今年もお世話になりました。

今年もお世話になりました。
こんな田舎者とお付き合い頂きありがとうございました。

今年は、一昨年から行ってきたkn実験も完了し栽培の目処もついて一件落着なんですが、栽培用土の重要性を思い知らされた年でもありました。

腐葉土系を密閉ケースで使うと根腐れ頻発しますね~(^^;
だいぶ下葉を落としてしまいました。
様々体験したので、今年一年でスキルも大幅アップしました。


さて、今年一年を振り返ってkn対策のまとめ的なことでも書いておきましょうか。。。

a0314374_23311523.jpg

(kn便10/2013 ヴォルケーノ)

【とろけの原因】
単純に言えば「蒸れ」です。
熱帯地域で600株を麻袋にぎゅうぎゅう詰めにすれば、葉や根に付着している雑菌が増殖し発酵とか腐敗と云われる状態になるのは当然です。

この辺りは持ち込みの際に幾つか注意して頂ければ悪化は防げますが、元々現地ガイドの梱包と輸送に原因がありますので、その方法が変わらない限り完全に防ぐ事は難しいでしょう。
株に当たりと外れが生じていたのは、梱包の周辺部と中心部の蒸れの度合いによる差と考えられます。

今後の持ち込み時には、FOさんが気遣って頂けるはずですので期待したいと思います。

なお、トロケロールと言われるように感染した株を未処理でケースに放り込めば他の株にも感染しますが、元々はどこにでも存在している菌で、その密度が高いため感染に至ります。
どこの便にでも起こり得ることで特殊な菌に侵されている訳ではありません。

この辺りのことを批判される方もおられますが、仕方がないことですので、どうぞ完全養生済みで安全なAZ便をご購入ください。


【対策】
なるべく早く冷たい流水で洗浄し、葉や根に付着している雑菌を出来る限りの取り除き、洗浄後は感受性試験で原因菌に効果が確認されたオーソサイドかダコニールで消毒、乾燥させ、適切な方法で養生します。
養生方法は、既にブログにアップされている方もおられますから、それらを参考にされてください。

なお、既に感染が進んだkn便アグラオネマに100%はありません。
茎の途中から溶けたり棒になったすることも度々です。
植物に関する知識を持たず、まじない的な微量元素に頼るようでは太刀打ち出来るはずもありません。
また、状況に応じて必要な対策をとっていかなければなませんから、うろ覚えの知識でも難しいでしょう。

【株購入時のご注意】
入荷直後のなるべく早い時期に入手してください。
いくら柄が良くても状態が悪ければ生き残る確率は極めて低いです。
適切な措置を取られずに1週間も放置された株は購入しない方がいいでしょう。

また、悪さをしているのはカビのなかでも高度に進化した卵菌類に属する菌で、遊走子で水中伝播する外、50℃の温水殺菌処理でも根の組織に入り込んだ耐久器官である卵胞子は死滅しません。

浸透移行性で効果が期待できる薬剤は今のところ確認していませんから、表面に掛けられた薬剤だけが菌に対抗できます。
処理後バケツに放り込んであるなど、適切な薬剤の使用をしていないショップの株も購入しないことをお勧めします。



ということで、
まとまっているのかどうかわかりませんが、一応のまとめにします。


【その他】
養生方法などの育成技術をフルオープンすると平気で5万だ10万というkn便が出て来そうなんで、今後も公開の予定はございません。

溶けや根腐れ等でお困りの方、Twitterでフォローいただきイベント等で面識のある方限定で、ご希望があればご相談を受けさせていただきます。
DM又はLINEでご連絡ください 。
お断りすることもありますから、予めご了承ください。


それでは皆様、よいお年をお迎えください。
[PR]
by kpaopao3724 | 2014-12-31 23:29 | アグラオネマ

最近のkn便~(´-ω-`)

オークション凄いですね~
希少価値に対する保有欲の為せる業です。。。

で、それだけの価値はあるのか?と云うと
オークション参加者は入札した金額の価値を見出だしている訳で、一方参加しなかった方にとっては「高嶺の花」と諦めたか、価格相応の価値を見出だせなかったの何れかです。

定価売りすれば早い者勝ち、オークションに出せば値は幾らでも上がるというのはエキスタさん全盛期のエキノドルスを見ているようです。

この状態が健全かというと、経済学的には「不健全」でしょうね。
この業界に限定するとしっかりバブルしてます。
バブルですから、当然のこと何らかの要因をトリガーとして弾け飛ぶ可能性をはらんでいます。

全ては需要と供給のバランスですので、誰(達)が、どのようにして業界の舵取りをしていくか。。。
健全な状態で発展して行けば急激なバブルとその崩壊は避けられる訳ですが、そんなと知ったこっちゃない的な業界さんなんで無理でしょうね。。。

※ 一生懸命お客様のためにがんばっているショップさんも一緒くたのような表現で申し訳ございません。
  当然、そういったショップさんはしっかり応援していますからね!



前置きが長くなってしまいましたがで本題のKn便です。

~本文も長いです。ゴメンナサイm(_ _)m

「価格」「柄のバリエーション」「トロケ」の三拍子がそろってKn便の魅力を構成していますが、 その2つが変わろうしています。
こっちもバプルか~ってな価格設定が為されはじめています。

最大要因の「トロケ」
克服する動きが出てきています。
100株単位で生存させている方もおられますし、個々のレベルでは既に溶かさずに「生かす」方法を習得された方もおられるようです。

当の私も、原因分析から対策までを5月便で終了していますので、実証実験7月便以降の生存率は100%になっています。

a0314374_12263532.jpg


a0314374_1226523.jpg



元々、安価で販売されるKn便を生かし、趣味家が気軽に育成できれば良いと考えて始めた実験で、その成果はできる限りブログで公開してきました。
病原菌説に否定的であった方々も殺菌防除の有効性をご理解いただいたようで、そちらを見ていただければ生かし方のヒントは出ていますから敢えて申し上げません。

第2に「価格」
生かせる可能性が出てきたからといって数万円の値を付けて販売するショップさんが出てきました。
養生株でトロケる可能性のない株でしたら「有」かも知れませんが、柄が良いからってトロケる前に5~7万で売り抜けようってその根性が許せません。

通常の商取引の場合、仕入れに諸経費+利益を上乗せして定価が決まり、定価を上回る価格での取引はありません。

柄が命だからリスクはあるが買う奴がいるから売っちまえってのが本音でしょう。
異常に高い価格設定が為されています。


よくお考えいただきたいのは技術を有しない限り必然的に「トロケ」ます。

ショップさんや各ブログで紹介されている方法でも100%の保証はできません。

まして採り子さんが苦労して現地で採取し、養生した株がある程度の価格になるのはいた仕方のないことだと思いますが、現地ガイドから数百円で仕入れ輸送・輸入経費を加えた数千円(かなり低い方の額)でショップさんに渡り、それが趣味家に数十倍の価格で売りつけられるのですからたまったものじゃない。

節度を求めても仕方ないことですが、買い手側が賢くなる必要があるんだと思います。

非常に簡単にkn便を養生する方法はあるんですが、オープンにすれば一部の方々の金儲けに加担する事になりかねないため、暫く自重させて頂きます。


あーくどいW

失礼しました-
[PR]
by kpaopao3724 | 2014-12-01 08:47 | アグラオネマ

植物のバリア機能

ずいぶんと放置してしまいましたm(__)m

まずはkn5月便の経過なんぞを、、、
文字通り煮たり焼いたりと様々な実験かましてやりました(笑

で最初から茎の上部に溶けが入っていた小株はロストとなりましたが、残りは細切れになりつつ用土とミズゴケ共に新芽を出しています。
ぶったぎった根っこも生きてるんで結果としては上々でしょう。

次回は試したいことがあるので、10株ほど予約を入れています。
良い株が入ってくると良いんですがどうでしょうね?

で対策についてですが、
トロケは煮ると良いって情報がありますが、これはある程度の効果が期待できます。
ある企業さんの分析によれば、50℃のぬるま湯に20分くらい浸しておけば菌糸と游走子は死滅温度に達するようです。
しかし、悪さしてるのは卵菌類と考えていまして、根っこに作られた卵胞子は死滅しません。
実際にやってみると茎は生き残りますがほとんどの葉っぱが落ちますので、茎だけ茹でるのがいいかも、、、
その後、しっかりトロケを起こします(笑


さて、今日の本題ですが、
以前の積み残し、植物のバリア機能についての雑学なんぞを、、、
植物には動物のように複雑な免疫機構はありませんが、病原菌の侵入から身を守るバリア的な機能を持っています。

単純なものでは、
○細菌の付着防ぐ
・ワックス層の発達
・水を弾くビロード葉
○植物体に含まれる抗菌物質
・カテキン、タンニン、ポリフェノール
・細胞が傷付けられると遊離する青酸配糖体(青梅なんか)

ちょっと複雑なのだと
○感染細胞の自殺
・細菌の侵入で感染細胞が原形質流動を止め細菌が成長できないようにする
・抗菌物質や蛋白質の生産
・細胞壁の硬化

単純な方は植物によって異なるバリアを組み合わせて全ての細菌類に効果を示しますが、複雑な方は細菌によって植物の出方が変わります。
親和性って呼ばれるんですが、ある種類には感染し、別な種類には感染できないってことです。
植物側から言うと抵抗性って言います。

ある細菌が非親和性の関係にある植物に侵入しようとすると複雑な方であげた免疫機構のスイッチが入って阻止され、植物は病気にならずに済みます。
しかし、親和性の関係にある植物では、細菌の侵入に気付かず病気になってしまいます。

植物は生き残りをかけて様々な防御機能を、細菌側は植物に気付かれずに侵入す方法を、互いに進化の中で発達させて来たようです。

以前説明した3要素のバランスが崩れ、これらのバリア機能を突破した細菌が植物を感染させることができるので、簡単には植物が絶滅することはないのです。


ではアグラオネマはどうなのか?
トロケの菌に親和性があり、さらに採取・洗浄の傷があり、輸入というストレス状態で、容易に感染が拡がりやすい状態にあるんだと思います。

トロケの原因は様々な要因が重なっていますが、先日、タイルートで入手した株のトロケを経験し、最も重要なのは採取後のケアと移送にあると考えてはじめています。

確たる証拠はありませんが、
kn便は傷ついた大量の株を冷やすことなく輸送して、ムレ(細菌の大増殖)を起こしているのではないでしょうか?
実際、農産物も重ねて放置すれば腐敗発酵で熱を持ち葉っぱは黄色く変色してしまいます。

試しに、数株ずつ小分けに梱包し、保冷剤をたっぷり入れて運んでもらえると良い結果がでるかもしれません。
[PR]
by kpaopao3724 | 2014-07-21 22:30 | 雑学

【重要】アグラオネマのトロケに関する新情報

Kn便アグラオネマのトロケについては、軟腐病として既に説明したところですが、再発の経過や2月便を含めて2回実施した細菌培養の結果等を検討した結果、悪臭を生じないトロケについては、糸状菌のうち立ち枯れ病の原因菌の一種であるピシウム菌による感染が強く疑われることがわかりました。
なお、ピシウム属菌は世界に100種類以上いて種類の同定は専門機関に依頼しないとできませんのでこの辺はご了承ください。

【病態】
・軟腐病のように地際の水浸状の部分生じて軟化
・条件が合うと1日で30mmも菌糸を伸ばし被害が急速に拡がる。
・軟腐病のように悪臭はしないが軟腐病の発生を助長する。

【特長】
・土壌中だけでなく水中などにも広く分布し、灌漑水や灌水中でも生存や増殖できる。
・カビの一種であり胞子等で増殖するため非接触でも感染する。
・卵胞子の状態では薬剤の効果がほとんど無く、その状態で数年間生存する。

感染してしまった株の薬剤防除が大変難しいカビですので、感染を拡大させないよう十分な注意が必要です。
Knおねまが感染しているピシウム菌は水中では活性化しづらいようで、一輪挿し等の対処で一時的に発症を遅らせることが出来ますが、根の組織内に卵胞子が感染していてミズゴケ移行等で成長環境が整うと突然発症します。
なお、一輪挿し状態で乗り越えて来た株は、そのまま水耕で育成している分には発症していませんが、育成容器中の水中には菌が存在していますので隔離は絶対必要です。

《消毒薬》
○オーソサイド水和剤80:菌の増殖を抑えることを確認しています。
○タチガレン液剤:直接菌を殺したりしませんが、植物の感染を予防します。

薬剤処理と生存率については、現在実験中ですので結果がわかり次第ご報告させていただきます。

〔参考〕
ウィキペディア検索キー:フハイカビ
病体の検索キー:ビシウム病、ピシウム腐敗病
[PR]
by kpaopao3724 | 2014-02-11 18:48 | kn便の溶け

Kn便ホマロメナはなぜトロケないか実験開始!

昨日、お願いしていたホマが届き実験を開始しました。

既に購入されていた方が非常に悪い状態で入手したとの情報があって心配していたんですが、着状態は予想を覆す大変良い状態です。


まずは梱包、
a0314374_2348888.jpg

a0314374_23485776.jpg

きちんと植物が傷まないように梱包され、
伝票にも取扱注意の※印が。
こういう配慮を頂けるショップさんにはガンバって欲しくなります。


各株の状況です。
写真については、睡魔と戦いつつ夜間の作業でしたので
変な色合いだったりブレがあるのはご容赦ください。
次回の休日にでも写真取り直します。



a0314374_2350479.jpg

Homalomena sp.TAMAMUSHI
根っこのトロケは見られません。
黒いのはショップさんで使っているソイルの汚れの
ようで粉炭ではないようです。





a0314374_23513162.jpg

a0314374_23514083.jpg

Homalomena sp.Jade
古い根っこですが、トロケのような状態ではないです。
新しい根が2本出ています。





a0314374_23522319.jpg

a0314374_23523425.jpg

Homalomena sp.Silver Velvet
今回一番小さな株ですが、根っこは古くも無く新しくも無く
ですがしっかりしています。
状態は良いです。





a0314374_23534270.jpg

a0314374_2354043.jpg

Homalomena sp.Red
一番根の状態が悪いというか、
親株からのカット跡があり根がほとんどありません。
古い根が2本出ている状態ですが、新芽を広げています。





それぞれの根っこを、
いつものとおりジャガイモにくっつけて軟腐菌の有無を確認します。
a0314374_2355791.jpg

今回は、実家からポテトサラダ用に持ち去ってきた
キタアカリ(コレが一番美味しいジャガイモです!)の小玉を
食用次亜塩素酸ナトリウムで1時間浸け置き消毒し、
カッターで真ん中に切り目を入れ根を挟み込むようにしました。
a0314374_23563576.jpg


検体は下記の3つになりました。
Homalomena sp.TAMAMUSHI ×1
Homalomena sp.Jade ×1
Homalomena sp.Silver Velvet & Homalomena sp.Red ×1
※傷んだ根の少ないシルバーと
根のないレッドは合わせて1検体としました。

袋は2重にし密閉性を高めています。




a0314374_23573640.jpg


いままでのKn便あぐらであれば、入荷後既に1週間を経過していますのでどろどろ溶け出した根があるのですが、ホマロメナの状態は極めて良い(多便の養生株とは比較になりませんが。)ので、洗浄してこのままの状態でミズゴケ植えにしました。

トロケがあればストレプトマイシンでの消毒を実施する予定でしたが、根の臭いも違和感がないので、暫く様子を見ることにしました。


a0314374_2358767.jpg

保管については、ホマが高湿を好むようでしたので、発砲スチロールにU字に曲げた支柱をねじ込み、ラップで巻いた超簡易温室を作り、TOP1504の中段に押し込みました。
ある程度落ち着くのを待ってから照明下に置く予定です。


a0314374_23582559.jpg


ちなみに、ホマロメナはあぐら以上に超ドシロウトで初めての育成です。
自分の不注意で枯らすこともあります。
その時は再度初めから実験し直しますのでご容赦ください。
また、育成中に「何しとんじゃーぼけ!」ってのがありましたら、
どうぞご遠慮なく励ましの言葉で書き込みお願いします(^^;


【実験計画】
1 実験目標
  ホマロメナはなぜトロケが出ないのかその原因(要因)を探る。
2 想定
 ① ホマロメナは軟腐菌に感染してない
 ② ホマロメナは軟腐菌に感染していても耐性がある
 ③ その他の要因
3 実験ステップ
 ① 細菌の有無チェック
 ② 株の成長チェック

こんな感じで進めていきたいと思っています。
実は、ある程度の仮説は立っているんですが実証しないうちは
なんともなりませんので、ある程度実験が進んで確信がもてたら
ご報告したいと思います。


経過は随時アップしていく予定です。




《参考》

a0314374_23583851.jpg


TOP1504の上段です。
奥が7月便3株、手前のボトルに入っているのが9月便3株(今回の9月便は激闘の跡があります。)、右手前は遊んだ7月便の根っこから出た子株(どれの根っこか完全に不明?)、置き場所に困ったメタリカさんもいますが、この段は感染の可能性がほぼ0です。

9月便では頂芽にトロケが入って届いた1株をロストさせました。
3週目までは順調だったんですが、9月下旬に入って上部の葉と根のトロケを再発させたため、株全体の汚染を疑って廃棄処分しました。
状態によっては、多少生き残る可能性があっても他の株への影響を考慮して廃棄することも必要です。





マニュアル v1-rev2にアップしています。
[PR]
by kpaopao3724 | 2013-10-17 00:30 | ホマロメナ

7月末入荷Kn便

だいぶ落ち着きました。

用土植えに移行済みです。

頂芽も動き出しました。




これでもトロケるのか微妙?

alt900

a0314374_18325083.jpg


a0314374_18353681.jpg

2枚は導入時の葉です。



株2
a0314374_1838772.jpg


a0314374_18382251.jpg

導入時のドリルが展開済み、新たなドリルも出てます。

株3
a0314374_18391331.jpg


a0314374_18393056.jpg

新葉展開中


ぶった切って遊んでた根っこは半分が再発しました。
そんな人はいないと思うけど、根っこで遊ぶのは止めましょう!
[PR]
by kpaopao3724 | 2013-10-06 18:46 | kn便の溶け

7月便のその後

ぱおです。


7月便の株は全てミズゴケ巻きに移行しました。

こんな感じです。

a0314374_16295921.jpg



移行時に根には傷がついているはずですので、
これで発症しなければ問題なしとなりますが
果たして結果はどうなるか?
1ヶ月間養生して用土移行の予定です・




a0314374_1632181.jpg


そんでもって、こっちが9月便
消毒、根っこ全カット後、ペットボトルに収納中です。


なんで4つあるのか?

それは秘密です(笑



そうそう、うちでkn便をお世話になっている九州のショップさんに
うちで使った薬剤をお勧めしときました。
きちんと取り組んでもらって成果出してもらえれば
安心して購入できるショップさんが増えるので、
是非お願いしたいです。

でも、おおもとで取り組んでもらえるのが一番なんですけどね。
[PR]
by kpaopao3724 | 2013-09-15 16:43 | kn便の溶け

はじめまして

お初です。

百姓の小倅、えきのあんぐらー ぱおでごさいます。

金魚すくいの金魚から始まった あくあーな生活も
エキノばっかりの水槽に切り替わり、
手をださずにおこうと思ったあぐらの葉っぱにはまり
最近、活動空間が狭くなってしまいました。

あぐらを始めて半年ではまりまくってますが、
この辺はおいおい・・・・・

本題は、某便の溶け トロケ トロケロール!

細菌性の軟腐病とふんで人柱実証実験を開始したんですが、

分析と対策等々、どうも情報量が多すぎてつぶやくには都合が悪いのでブログ立てることにしました。

対策も含めて検証中ですので、随時まとめて行きつつ、適当に息抜きしたいと思います。

なお、検証未了ですが、ある程度の対策までは行き着いていますので、

どうしてもお困りの方はご連絡くださいませ。

Moreトケの原因
[PR]
by kpaopao3724 | 2013-08-07 23:23 | アグラオネマ